開催中の展覧会・次の展覧会、イベント情報

​本館

 

常設展示

鈴木崧、吉原治良、ポール・ジェイキンス、ジョルジュ・マチュー、今井俊満などのアンフォルメル絵画作品の展示。

美術館の百数十点のコレクションの中から定期的に展示替えをしています。

honkan6.JPG

アトリエ棟

7.31 (土)-8.29(日) 

北野敏美 版画展

ー腐食の様相・記憶された日常ー 

 

 

 

 

 

 

 

 

北野敏美は大学での美術教育でものづくりの領域を幅広く学んだことがその後の自らの表現を左右する上で意義があったと述懐しています。それから長く中学校、短期大学で版画やデザインを教えてきましたが、美術館や大学でワークショップや集中演習なども数多く手掛けてきました。人に教えることは自身の表現を見つめるうえで有益だったと語っています。その傍ら積極的に国内の美術賞展や国際版画コンクールに出品して数多くの受賞を重ねて今に至っています。

表現の手法は銅版画を主としながらシルクスクリーン、コラグラフなどの技法を併用し版という間接表現にこだわっています。喫茶店のカウンター、届けられた花束、制作台の一隅などの何気ない日常の一場面が主なモチーフだと言います。しかしその形は画面の中で強調されまたは捨象されて形成されていき抽象的な表現になっていきます。

本展示においては北野版画の世界を存分に堪能して頂きたいと思っております。それと同時に当美術館展示の吉原治良、ポール・ジェンキンス、鈴木崧達の抽象絵画と北野作品の同時鑑賞を通して抽象について理解を深める機会になりますことを願っております。

2021 夏、アンフォルメル中川村美術館

Kitano Toshimi Print Exhibition

― Corrosive aspects・Remembered daily life ―

Toshimi Kitano recalls that learning a wide range of fields of manufacturing in art education at university was significant in influencing his subsequent expression. Since then, he has long been teaching printmaking and design at junior high schools and junior college. He has also been involved in many workshops and intensive exercises at museums and universities.

Besides working as a teacher, Kitano has been keeping an observant eye on his own expression, and actively exhibiting at domestic art award exhibitions and international print competitions. His works have been highly acclaimed both at home and abroad. He has

received numerous awards. While focusing on copperplate prints, he also uses other techniques such as silk screen and collagraph prints. He is particular about the indirect expression of his work. He says that the main motif is casual everyday scenes such as coffee shop counters, delivered bouquets, and corners of production tables. The shapes, however, are either emphasized or discarded on the outer surface to form an abstract expression.

We hope that you will fully enjoy the world of Kitano prints in this exhibition. At the same time, we look forward to many of you exploring abstract expression through both Kitano’s

works and the ones of Jiro Yoshihara, Paul Jenkins, Takashi Suzuki and so on, which are also on display at this museum.

 

2021 Summer, Informel Nakagawamura Museum

表面-2.jpg