開催中の展覧会・次の展覧会、イベント情報

​本館

 

常設展示

鈴木崧、吉原治良、ポール・ジェイキンス、ジョルジュ・マチュー、今井俊満などのアンフォルメル絵画作品の展示。

美術館の百数十点のコレクションの中から定期的に展示替えをしています。

honkan6.JPG

アトリエ棟

9.4 (土)-10.3(日) 

​湧き出すワンダーランド vol.2

ー無垢な創造性にふれるときー 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当美術館の名称の由来は第二次世界大戦後に大きな転換をもたらしたアンフォルメル(非定形)という美術の動向によっています。その中心となった作家の1人、ジャン・デュビュッフェは障がいを持つ人々の作品に深い感銘を受けて価値を見いだし「アールブリュット(生の芸術)」と呼び生涯支持し続けました。そこには従来の西洋美術の伝統的価値を否定する意味が込められていました。近年アールブリュットという既存の価値では測ることのできない独

自の世界への関心が高まっていますが、当館では地域の中で見いだした作家たちを紹介いたします。

本企画は2019 年に続いての開催になりますが、初回では南信州におけるアールブリュットの作家8 名を紹介いたしました。今回も初回と同様、南信州の施設やグループホームで、日々制作に取り組んでいる作家9 名を紹介いたします。彼らは、まわりからの評価や誰かとの競争などには興味はなく、ごくごくパーソナルな感情の発露から作品を生み出しています。一般常識の枠を軽々と飛び越えていく彼らの表現は、魅力的な表情と不思議なエネルギーに満ちています。そして観る側に新たな発想転換のきっかけや気づきを与えてくれます。期間中にギャラリートークを実施いたします。彼らの作品や制作の背景を知ることで作家・作品理解への一助になれば幸いです。

【協力】

社会福祉法人明星会 明星学園(飯田市)

障がい者支援センター 七和の里(飯田市)

伊那ゆいま~る(伊那市)

長野県西駒郷(駒ヶ根市・宮田村)

飯田市社会福祉協議会(飯田市)

【後援】

中川村教育委員会

ギャラリートーク … 予約不要

第1 回:9 月12 日(日)14:00~15:00

→コロナ対策として中止になりました。

 

第2 回:9 月26 日(日)10:00〜11:00、14:00~15:00

本展を企画担当した美術館スタッフ、そして長野県西駒郷でアー

トサポーターを勤める小川泰生によるギャラリートークを開催し

ます。作者の背景について、また作品が誕生する背景について詳

しく説明いたします。

 

※入館料のみでご参加いただけます。

※新型コロナウイルス感染防止のためマスク着用をお願いします。

※状況次第で中止になる場合があります。

表面.jpg