開催中の展覧会・次の展覧会、イベント情報

​本館

 

常設展示

鈴木崧、吉原治良、ポール・ジェイキンス、ジョルジュ・マチュー、今井俊満などのアンフォルメル絵画作品の展示。

美術館の百数十点のコレクションの中から定期的に展示替えをしています。

honkan6.JPG

アトリエ棟

6.19 (土)-7.19(月) 

古畑智気 展 [Revision] 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵はなぜ平面に描かれるのか、という疑問が私にはある。昔、アート作品は建築に付随していた。しかし時代とともに変化し、作品はキャンパスや台座を必要とした。このような変化は、何によってもたらされたのだろうか。1つの仮説を立てる。いつか絵は平面に描かれなくなるだろうか。私はその疑問に向き合うため、CNCという機械に頼ることにした(CNCとはコンピューター数値制御のことで工場等で昔から広く使用されている機械である)。

機械は絵の技法や素材と同じく選択肢のひとつである。アートは自律していない。それ自体では何ら価値を持たない。常に不安定で、不確かで、たえず変化する。絵も変化してきた。いつか絵は平面に描かれなくなるだろうか。しかしながら、そのような想像は私には難しい。

[古畑智気]

 

Revision

Tomoki Furuhata Exhibition

I wonder why paintings are usually done on a flat surface. In the old days, works of art were associated with architecture. However, art has changed with the times, and the work now requires a canvas and a pedestal. What brought about such changes? I will make one hypothesis. Will the picture not also be drawn on a flat surface someday? To answer that question, I decided to rely on a machine called the CNC (a computer numerical control, which has been widely used in factories for a long time). The machine is one of the choices for creating art, as well as painting techniques and materials. Art is not autonomous. It has no value in itself. It is always unstable, uncertain, and constantly changing. The picture has also changed. Will the picture not be drawn on a flat surface

someday? Such an imagination is difficult for me.

 

[Tomoki Furuhata]

表面.jpg